2012/5/9 2013.06.02 / カテゴリ:アーカイブス

ある映画を見て感じたことを。
白黒のサイレント映画。
俳優の声はなく、大事なセリフのみが間に挟み込まれている。
セリフが表示されない場面は、
唇の動きや表情、身ぶり手ぶりから、必死で想像する。
背景に流れる音楽だって重要な情報源。

きっとこう言っているさ。こう言っていてほしいな。
ああ、自分だったらこう言うのに!
セリフが表示されるまでの一瞬が永遠に感じてしまう。
もう完全に引き込まれている。感情移入も完璧に。
なんて豊かな映画。なんて豊かな時間。

想像力(創造力)がフル稼働している時って、
まわりの音が聞こえなくなってることって、ありませんか?


2011/8/10 2013.06.02 / カテゴリ:アーカイブス

こんなにも更新をあけてしまったのはなぜだろう?
忙しいから?怠慢?めんどうだから?

大きな出来事がおきて、多くの命が失われて、
見過ごされていたことが、どんどん表面化されて。
信じていいのか?いけないのか?
無意識に仕事に逃げていたのかも・・・。
こころがすっかりふさぎこんでいたのかも・・・。

夜明け前がいちばん暗いと誰かが言っていた。
もうすぐだね。
もう見えてきたね。


2011/1/14 2013.06.02 / カテゴリ:アーカイブス

今頃になってなんだけど、新しい年がはじまった。
めでたい、めでたい。
だいたい正月に今年の目標はこれだって決めるけど、
だいたいこの時期には忘れてしまっている始末。
なので、あえてここで初日の出を。

世界はゆっくりと舵を切り始めている。

もう、これまでの枠組みでは括れない。
踏みとどまる人も、飛び越えていく人も。
背伸びしてしまう人も、身の丈目線の人も。
古いものにしがみつく人も、産み出していく人も。
どっちが正しくて、正しくないとか。
眉をひそめるよりも、大きな声で笑いとばそう。
目の前に広がるのは、生き方や価値観のHOT SPOT。


2010/11/10 2013.06.02 / カテゴリ:アーカイブス

「素人だけで一日で小屋を作ることができるのか?」

蓋を開けたら、できた。ゆっくり小屋ができた!

みんなすごい!うごくは、はこぶは、釘打つは、塗るは。
ものづくりって、やっぱり楽しいね。みんなでつくるとより楽しいね。
ゆっくり野菜や、ご近所さんからの差入れもおいしいね。

若い人たちも、年齢を重ねた人も、みんな目がきらきらしてる。
協力してくれたみんな、本当にありがとう。
ゆっくり畑さんの小屋が、これからどう成長していくのか、あー楽しみ。

できあがった商品や製品ばかりに囲まれている生活では、
決して味わえない感覚。
自分でつくってみるとわかるよね。
みんなでやれば、それぞれの特技も見つかるよね。
驚きや発見がある毎日は、刺激的。


2010/10/5 2013.06.02 / カテゴリ:アーカイブス

久しぶりに坂の町、尾道を訪ねた。

瀬戸内特有の地形、海から山がとても近い。
海沿いの繁華街に対して、家々は山側の斜面(あえてそう呼びたい)に、
隙間なく寄り添い、支えあって(いるかのように)建ち並んでいる。

わずかな敷地を猫の額に例えたら、失礼かもしれないが、
猫がたくさん住みついているこの町にはふさわしいのかも。

木々を切り倒したり、重機で斜面を平らにならしてしまうことなく、
人々は、もともとそこにあった地形に張りつくように住みついている。

先人から引き継いだ古びて傷んだ家を、
修理したり、改造したりしながら。
車やバイクが通れる道はわずか、
自転車が快適なのは下りだけ。

坂を上り下りするたびに、角を曲がるたびに、
懐かしい景色に出くわす。
迷路のあちこちに宝物が散りばめられている。

息が切れて立ち止まって振り返れば、
なんてきれいな瀬戸内の海、島々。
これって、エコタウンでしょ・・・究極の。


2010/9/12#2 2013.06.02 / カテゴリ:アーカイブス

ヒトだっていきもの。

3000万種ともいわれる多様ないきものとともに、地球上に存在している。
ヒトだけが特別エライわけじゃない。
他のいきもの達からすれば、ヒトなんてだだのじゃまもの。
その狂暴さや野蛮さといったら、ティラノサウルスの比ではないだろう。
地球はただ回るだけ。人類が傲慢なだけ。人類が危機なだけ。

でもね。
発達した脳とこころを持っているのだから、ヒトだってできるだろう。
身の程をわきまえて、自然の恵み(いきもの)に感謝して、
それらを分けあい、そのありがたさを噛み締めて謙虚に生きるぐらいは。

そうは言っても、簡単には変わらない。突然には変えられらない。
・・・ので、まずはひとりひとりが地球と約束を結ぶ「じぶん条約」。

さっきからじっと静かに考えているのだ。


2010/9/12#1 2013.06.02 / カテゴリ:アーカイブス

まもなく名古屋でCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)が始まる。
興味関心がないわけがない!ので、いくつかの関連イベントに参加した。

いやぁ正直言って、恥ずかしかった・・・おれ何も知らなかった・・・。

搾り取る側と搾り取られる側とで、
こんなにも摩擦が起きていることを。
世界中に限らず、日本のあちこちでもそうだ。
市場経済という枠の中で、
大多数の無力と貧しさの上に、
少数の豊かさがのさばっている。

採るだけ採ったら、他に移るし、
何かが欠ければ、代わりを探す。
そんな勝手な暴走で、
こつこつと積み上げてきたものが、簡単に崩されてしまう。

ニュースでは報道されない数々の出来事。
取り返しのつかないものを必死で守ろうとする人々の孤立。

イベントの夜、必死ながらも明るく陽気な彼らを、
瞳の奥に焼き付けた。
明日を迎えたら、きれいさっぱり忘れてしまわないように。


1 / 512345