2008/8/29 2013.06.02 / カテゴリ:アーカイブス

暑い最中、岐阜の山にキャンプに出かけた。
他のキャンパーはいなくて、とてもリラックスできた。

谷川で冷やしたすいかで「すいか割り」をした。
母親が畑作していたおかげで、
子供の頃から、すいかはおやつのようなものだった。
大きなすいかを二つ割りにして、
スプーンですくって平らげていたものだ。

最近では、久しぶりのすいか。
誰かが言いだして、種飛ばし競争が始まった。
大の大人が、子供に負けじと飛ばす、飛ばす。
「まだまだだな。こうやるんだ」と得意げに。
すいかでは負けたくないんだな。なんとなく・・・。